お問い合わせ

よくあるご質問

Q.SRFの測定 (4): インピーダンスアナライザーで静電容量を測定する場合、CsではなくCpを測定するのはなぜですか。

コンデンサ(キャパシタ) >  セラミックコンデンサ >  積層セラミックチップコンデンサ

A. インピーダンスアナライザで測定できるのは、並列静電容量Cpと直列静電容量Csのどちらかです。回路モデルはコンデンサの静電容量の値によって決まります(図1)。

Cが小さくインピーダンスが高いとき、CとRpとの並列インピーダンスは著しく高くなります。そのため、静電容量を測定する容量計の設定はCpにしてください。Cは低容量コンデンサなので、CsではなくCp設定を適用します。


図1:インピーダンスの等価回路

* HP4291A RF Impedance/Material Analyzer Operating Manual Set, Hewlett-Packard Japan, LTD, 1993


>>積層セラミックチップコンデンサ製品サイト

その他製品に関することは弊社担当営業または代理店もしくは本Webサイトよりお問い合わせください。

このFAQはお役に立ちましたか? 役に立った役に立たなかった

関連FAQ一覧