お問い合わせ

よくあるご質問

Q.SRFの測定 (8): パラメータの補正はなぜ必要ですか。

コンデンサ(キャパシタ) >  セラミックコンデンサ >  積層セラミックチップコンデンサ

A. 測定治具を使用してコンデンサを測定するとき、すべての残留パラメータと浮遊パラメータが計算され、コンデンサが測定されます。残留パラメータと浮遊パラメータは測定エラーの原因となります。したがって、これらのパラメータを補正することが重要です。

補正には3つのステップ(開放、短絡、負荷)があります。開放補正により、取り付け具の寄生アドミタンスを除去できます。短絡補正により、取り付け具のインピーダンスを除去できます。負荷補正によって50Ω負荷測定の基準点が設定されます。


>>積層セラミックチップコンデンサ製品サイト

その他製品に関することは弊社担当営業または代理店もしくは本Webサイトよりお問い合わせください。

このFAQはお役に立ちましたか? 役に立った役に立たなかった

関連FAQ一覧