ニュース

イベント情報

「MEDTEC Japan 2018」出展のご報告

TDKは4月18日(水)から20日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されるMEDTEC Japanに出展いたしました。
皆様より多数のご来場をいただきましたことに、改めて感謝申し上げます。

「MEDTEC Japan 2018」会場の様子「MEDTEC Japan 2018」会場の様子

出展概要

『MEDTEC Japan』は、医療機器の設計・製造に関する専門展であり、約35,000名の医療機器市場関係者が集うアジア最大の展示会です。当社はヘルスケア・メディカル市場を注力市場のひとつとしております。会場では、「"つなぐ"技術が創る健康・安心の未来」をテーマに、ウェアラブルデバイスや医用規格適合電源など各種製品をデモ機や事例を交えご紹介しました。

出展製品のご案内

ヘルスケアなど様々な用途に対応した生体センサSilmee™

TDKの生体センサは高精度センサとソフトウェア技術/独自のアルゴリズムを融合させ様々なデータ収集を可能にします。

ヘルスケアなど様々な用途に対応した生体センサSilmee™

触覚フィードバック向け PiezoHapt™ アクチュエータ

TDKのPiezoHapt™アクチュエータは、厚みわずか約0.30~0.35mmの振動ユニットです。低電圧による駆動でも広範囲に皮膚感覚を伝えることができます。パルス制御により振幅、周波数を自由に変化させることができるため、多彩な振動パターンに対応します。

触覚フィードバック向け PiezoHapt™ アクチュエータ

高安全リチウムイオン電池パック

リチウムイオン電池パックは各種センシング技術により電池セルの劣化や落下等の異常を直ちに検知することが可能です。

高安全リチウムイオン電池パック

医用規格適合電源 CME-Aシリーズ、RWS-B/ME シリーズ

医用規格に適合するマルチ出力電源やデジタル制御回路内蔵の電源などを幅広くご用意しています。

医用規格適合電源 CME-Aシリーズ、RWS-B/ME シリーズ

表面処理用低温プラズマ発生素子 CeraPlas™

圧電トランスを応用したプラズマ発生素子で、RF電源等から高圧ケーブルを介して高電圧を供給する従来のプラズマ装置と比較して圧倒的な小型化・低コスト化を実現しています。

表面処理用低温プラズマ発生素子 CeraPlas™

≫ 展示会出展製品に関する問い合わせはこちらをクリック

開催概要

名称 「MEDTEC Japan 2018」
会期 2018年4月18日(水) ~20日(金)  10:00~17:00
主催 UBMジャパン株式会社
公式サイト http://www.medtecjapan.com/
アクセス http://www.bigsight.jp/general/access/
会場 東京ビッグサイト   TDKブース:4501
会場案内図 PDF (http://www.medtecjapan.com/sites/default/files/files/floorMAP_for_HP.pdf )

会場案内図