TDK製品の特徴

コモンモードフィルタはUSB、HDMI、CANBUSなどの高速差動信号のノイズ対策部品として使用され、電子機器、ケーブルからの輻射ノイズの抑制や無線機器内部における自家中毒対策(受信感度向上)、ノイズ耐性(イミュニティ)に対して有効です。
TDKのコモンモードフィルタは用途別に提案できる多彩なラインアップを特徴としております。数Gbpsの伝送スピードに対応しかつ小型・薄型化を追求した製品群、車載用途では厳しい環境条件に対応できるように独自端子構造を採用した製品群で市場のニーズに今後も応えていきます。

ニュース

2019年5月25日
回路シミュレータ用電子部品モデル(Sパラメータ、等価回路モデル、SPICEモデル)を更新
2019年5月24日
統合版: 信号ライン用コモンモードフィルタ/チョーク, ESD保護デバイス (一般グレード)のセレクションガイドが新たに公開されました。
2019年5月7日
統合版: 信号ライン用コモンモードフィルタ/チョーク, ESD保護デバイス (車載グレード)のセレクションガイドが新たに公開されました。
2019年1月30日
電源ライン用コモンモードフィルタ/チョークのセレクションガイドが更新されました。
2019年1月7日
一般グレード用のコモンモードフィルタのセレクションガイドが更新されました。
この製品に関するお問い合わせはこちら