TDK製品の特徴

TDKのノイズサプレッションフィルタは、磁気飽和を抑制した材料設計と構造設計により、交流や直流の電流に対する特性変化が極めて小さく抑えられるため、高いノイズ抑制効果と信号品質を両立することができます。
オーディオライン(スピーカ、イヤホン、マイク)においては、音声歪み(THD+N/全高調波歪み+ノイズ)を抑制しながら、受信感度劣化対策や、バーストノイズ(TDMA/TDD)対策およびD級アンプのノイズ対策に高い効果が発揮されます。LED照明においては、電源ラインの放射ノイズ対策に高い効果が発揮されます。

ニュース

2019年12月3日
サウンドアプリケーション向け製品のインデックスページ「Sound Solution」が公開されました。
2019年11月2日
回路シミュレータ用電子部品モデル(Sパラメータ、等価回路モデル、SPICEモデル)を更新
2019年7月16日
ノイズサプレッションフィルタのセレクションガイドが更新されました。
2019年1月11日
ソリューションガイド「ノイズサプレッションフィルタとチップバリスタによるマイクロフォンラインのTDMAノイズ対策、受信感度の改善、ESD(静電気放電)対策」が公開されました。
2018年12月19日
アプリケーションノート「D級アンプ用推奨製品(ノイズサプレッションフィルタ、LPF用インダクタ、チップバリスタ)」が新たに公開されました。
この製品に関するお問い合わせはこちら