テックノート

TDK製品の特徴

スイッチングスパークギャップ(SSG)は、数千回にわたる使用にも耐える、高い信頼性をもつ能動部品です。アーク放電法の長所を利用した、非常に速いアーク発生速度(50ns未満)と高い電流容量によって、電流/電圧の立ち上がり時間が極めて短く電力ロスの低い、10µsのショートパルスを生成できます。SSGは、自動車ヘッドライト内のHIDキセノンランプの点灯など、あらゆる場面における高電圧パルス生成にご利用いただけます。

ニュース

2017年4月12日
『「医療機器のクラス分類」とTDK製品の対応状況』が公開されました。
2017年3月12日
会員制サービスmyTDKをリリース
2017年3月12日
お問い合わせサービス(「Mail to TDK」)が新システム「myTDK」に移行しました。
2016年4月19日
アプリケーションガイド | 「医療機器」 を追加
2016年4月4日
スイッチングスパークギャップ:製品ポータルをリニューアルしました。
  • メールマガジンのご案内画像
この製品に関するお問い合わせはこちら