TDK製品の特徴

LAN用パルストランスは、ネットワーク機器、AV機器などでLANケーブルを通じてパルス信号を伝送する変成器として使用されます。1次巻線と2次巻線との絶縁により、静電気放電や高電圧の侵入を遮断し、機器内部の回路を守る役割を担っております。
低THDでありながら10/100/1000BASE-T, 2.5GBASE-T, 5GBASE-T, 10GBASE-TのLANシステムかつPoE(Power Over Ethernet)に対応したパルストランスです。
従来のトロイダルタイプでは手巻き工法が主流となっておりましたが、TDKのパルストランスでは独自の自動巻線技術による表面実装部品タイプのため、安定した特性のまま小型化、省スペース化が実現できる製品となっております。

ニュース

2018年11月29日
「欧州連合(EU)RoHS指令対応 / 改正中国版RoHSに関する製品情報」が更新されました。
2018年10月4日
LAN用パルストランスおよびモジュール:「ALTシリーズとコモンモードフィルタ/チョークの推奨組み合わせ」が更新されました。
2018年6月21日
人とくるまのテクノロジー展 名古屋(2018年7月11日~2018年7月13日)に出展しました【展示パネル公開中】
2018年2月6日
パルストランス: 2.5GbE/5GbE、10GbE対応パルストランス ALT4532シリーズの開発と量産
2018年1月19日
10GBASE-T用パルストランス : ALT4532H-121-T10G と 1000BASE-T/2.5GBASE-T/5GBASE-T, PoE[600mA用]パルストランス : ALT4532P-181-T05G をリリースしました。
この製品に関するお問い合わせはこちら