高速SATA 3Gbps 対応 SMART CFast TDK × CFast CAG3Bシリーズ

書き込み分散を最適化するウェアレベリング“TDK Smart Swap”

SSD やCF カードに用いられるNAND 型フラッシュメモリの弱点は書き換え寿命があることです。たとえば特定部分に書き込みが集中して壊れていくと、ほかの部分が新品状態であっても、容量がどんどん低下していきます。これを避けるために、書き込み部位をメモリ全体に分散して平準化します。これをウェアレベリングといいます。

ウェアレベリングにはダイナミック方式とスタティック方式の2 タイプがあります。書き込みアドレスに割り当てられた物理メモリの範囲で、ウェアレべリングを実行するのがダイナミック方式。OS のような頻繁に更新されないスタティック(静的)データはそのままで、ダイナミックデータ(新しいデータ)のみ分散化する方式です。

一方、書き込みを行わないアドレスの物理メモリに対しても、データの移し変えをして、全領域においてウェアレベリングを実行するのがスタティック方式です。このとき各ブロックの書き換え回数を記録し、なるべく書き換えの少ないブロックにデータを書き込んでいきます。また、必要に応じて書き換えられていないブロックのデータ(スタティックデータ)を別のブロックに移し変えて、書き込み回数の均等化を図ります。

CAG3B シリーズに搭載されたGBDriver RS3 は、スタティック・ウェアレベリングの実行範囲を自由に設定できることが大きな特長で、ダイナミック方式とスタティック方式の長所を兼ね備えた書き込み分散化("TDK Smart Swap"処理)も実現します。

また、強力なエラー訂正機能とともに、電源遮断によるエラーについても未然に防止する機能を装備。さらにはデータ読み出しを繰り返すことで発生するリードディスターブエラーを自動修復するオートリカバリ機能を装備するなど、すぐれて性能により、業界から高い評価を獲得しています。メモリコントローラIC を自社開発していることがTDK の大きな強み。先進のGBDriver RS3 を搭載した“TDK×CFast” は、明日の社会インフラを支える新世代のCF カードです。

TDK×CFastのウェアレベリング
前のページを読む
12345
次のページを読む