FAQ
Q.
Silmee™ W20でのアクティビティとはなんですか?どのように記録しますか?
  • 生体センサ


A. 行動や運動の種類を分類別に登録・管理する事ができます。アクティビティは行動・運動を6種類(移動手段・健康管理・日常生活・スポーツ・その他の運動・その他)に分類し、管理・表示することができます。
本体では、アクティビティモードのオン/オフの操作ができる他、アクティビティモードがオンの時は脈拍を表示することができます。

「Silmeeヘルスケア」でアクティビティを登録する

スマートフォン専用アプリ「Silmeeヘルスケア」でアクティビティを登録するには、「アクティビティを登録する方法」をご確認ください。

アクティビティモードをオン/オフにする

アクティビティモードとは、アクティビティモード中の脈拍や位置情報を測定・表示・記録するモードです。
スマートフォンと連携していれば、脈拍や位置情報は記録され、スマートフォン専用アプリ「Silmee ヘルスケア」上に表示されます。
アクティビティモードのオンとオフの操作は本体で行います。

アクティビティモードをオンにする

  1. FUNCTION ボタンを2回押す
    アクティビティ設定モードになります。
    手順1図
  2. 「アクティビティ」または「ACTIVITY」表示中にSET ボタンを押す
    「スタート?」または「START ?」と表示されます。
    手順2図
  3. 「スタート?」または「START?」表示中にSET ボタンを押す
    「スタート」または「START」と表示され、バイブレーターが振動し、アクティビティモードがオンになります。
    手順3図

アクティビティモードをオフにする

  1. アクティビティモードオン状態から、FUNCTION ボタンを押す
    「ストップ?」または「STOP ?」と表示されます。
    手順1図
  2. 「ストップ?」または「STOP?」表示中にSET ボタンを押す
    「ストップ」または「STOP」と表示され、バイブレーターが振動し、アクティビティモードがオフになります。
    手順2図

脈拍を表示する

  1. アクティビティモードオンにする
    アクティビティモードをオンにする」を参照してアクティブティモードをオンください。
  2. SETボタンを1回押す
    継続時間と脈拍数が表示されます。
    手順2図

関連ページ