テックライブラリー
製品 & テクノロジー
2022年06月
[Product Training Module]
自動運転などにむけて自動車の電装化が進んでおり、それに合わせて自動車内でのノイズ対策の重要性もさらに増しています。今回は、一般的なチップビーズと比べて特徴のある、車載用ノイズサプレッションフィルタMHF/MDFシリーズを紹介します。
MHF シリーズは、ラジオ等で使用される300kHzから30MHzのMF帯、HF帯で高いインピーダンスを実現し、優れたノイズ抑制効果を持ちます。また、MDF シリーズは、電源ラインに使用した場合でも優れたノイズ抑制効果を得られるよう、インピーダンスの直流重畳特性が優れた製品です。
*本コンテンツの閲覧にはmyTDKへの登録及びログインが必要です。
自動運転などにむけて自動車の電装化が進んでおり、それに合わせて自動車内でのノイズ対策の重要性もさらに増しています。今回は、一般的なチップビーズと比べて特徴のある、車載用ノイズサプレッションフィルタMHF/MDFシリーズを紹介します。
MHF シリーズは、ラジオ等で使用される300kHzから30MHzのMF帯、HF帯で高いインピーダンスを実現し、優れたノイズ抑制効果を持ちます。また、MDF シリーズは、電源ラインに使用した場合でも優れたノイズ抑制効果を得られるよう、インピーダンスの直流重畳特性が優れた製品です。
*本コンテンツの閲覧にはmyTDKへの登録及びログインが必要です。
アプリケーション & 使用例
2020年12月
[アプリケーションノート]
クラウドコンピューティングやスマートフォンの普及、さらに2020年の5Gのスタートにともない、インターネット上を移動するデータは従来の文書や画像、音声に加えて、動画、ゲームなどの大容量コンテンツが増大しています。
そして、AIなどに代表されるテクノロジーの進化や、ビッグデータおよびIoTなどのデータ活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)が到来しています。しかしこれらの進化を支えていくためには、大量のデータを処理できる高性能サーバが数多く必要となります。プロセッサーや各種IC高性能化に伴い、サーバ基板上の電源ICの高クロック化、大電流省電力化、小型化、データラインに於けるノイズ対策、サージ対策が喫緊の課題になっています。これらの課題に対応・解決するためVR13およびVR14アプリケーションでの高効率要求に対応したフェライトパワーインダクタ VLBUシリーズ、µPOL™組み込みDC-DCコンバータ FSシリーズ、パルストランス ALTシリーズ+コモンモードフィルタ/チョーク ALCシリーズでのソリューション、サージ保護デバイス チップバリスタ/セラミック過渡電圧サプレッサなどのTDK製品について紹介致します。
クラウドコンピューティングやスマートフォンの普及、さらに2020年の5Gのスタートにともない、インターネット上を移動するデータは従来の文書や画像、音声に加えて、動画、ゲームなどの大容量コンテンツが増大しています。
そして、AIなどに代表されるテクノロジーの進化や、ビッグデータおよびIoTなどのデータ活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)が到来しています。しかしこれらの進化を支えていくためには、大量のデータを処理できる高性能サーバが数多く必要となります。プロセッサーや各種IC高性能化に伴い、サーバ基板上の電源ICの高クロック化、大電流省電力化、小型化、データラインに於けるノイズ対策、サージ対策が喫緊の課題になっています。これらの課題に対応・解決するためVR13およびVR14アプリケーションでの高効率要求に対応したフェライトパワーインダクタ VLBUシリーズ、µPOL™組み込みDC-DCコンバータ FSシリーズ、パルストランス ALTシリーズ+コモンモードフィルタ/チョーク ALCシリーズでのソリューション、サージ保護デバイス チップバリスタ/セラミック過渡電圧サプレッサなどのTDK製品について紹介致します。
ソリューションガイド
2019年01月
[ソリューションガイド]
スマートフォンなどのマイクロフォンラインに、セルラーやWiFiの通信電波が干渉して侵入すると、その一部はTDMAノイズと呼ばれる可聴帯域のノイズ成分となり、スピーカーから不快な雑音として聞こえる場合があります。TDKのノイズサプレッションフィルタとESD保護機能付きノッチフィルタの組み合わせによる対策は、信号に影響を与えることなく、TDMAノイズの抑制に絶大な効果を発揮するばかりでなく、セルラーやWiFi通信の受信感度の改善、ESD(静電気放電)対策など、さまざまなメリットをもたらします。
スマートフォンなどのマイクロフォンラインに、セルラーやWiFiの通信電波が干渉して侵入すると、その一部はTDMAノイズと呼ばれる可聴帯域のノイズ成分となり、スピーカーから不快な雑音として聞こえる場合があります。TDKのノイズサプレッションフィルタとESD保護機能付きノッチフィルタの組み合わせによる対策は、信号に影響を与えることなく、TDMAノイズの抑制に絶大な効果を発揮するばかりでなく、セルラーやWiFi通信の受信感度の改善、ESD(静電気放電)対策など、さまざまなメリットをもたらします。