TDK製品の特徴

NTCサーミスタは、低温時の高い抵抗値を利用し、電源投入時の突入電流を制限することを目的に開発されました。電流負荷によってサーミスタの温度が上昇すると、その抵抗値は1/10から1/50に減少し、それに伴い電力も同様のレートで減少します。このように、NTCサーミスタは、同じ消費電力で固定抵抗に比べて効果的により大きな突入電流を制御することができます。

ニュース

2020年3月31日
自働車アプリケーションガイドのセーフティが更新されました。
2020年3月31日
自働車アプリケーションガイドの車載ネットワークが更新されました。
2020年3月31日
自働車アプリケーションガイドのV2Xが更新されました。
2020年1月23日
突入電流防止NTCサーミスタ:新たにクロスリファレンス機能が実装されました。
2018年11月29日
「欧州連合(EU)RoHS指令対応 / 改正中国版RoHSに関する製品情報」が更新されました。
この製品に関するお問い合わせはこちら