アイソレータ/サーキュレータ

関連情報

TDK製品の特徴

TDKの高周波部品において、スマートフォン、携帯電話等のモバイル機器および基地局の送受信システムは最も重要なアプリケーションです。
産業及びインフラストラクチャ用のRF部品として、アイソレータ/サーキュレータを取り揃えています。
これらは基地局、フェムトセル、業務無線システムおよびケーブルネットワークなどに使用されます。

無線機器では、機器間の通信は決められた周波数を利用します。
サーキュレータは、端子①から入った高周波信号は端子②のみに伝送し、端子②に入った高周波信号は端子③のみに伝送します。
そして端子③に入った高周波信号は端子①へ伝送します。このように決まった方向のみ伝送し、逆方向には伝送しません。
またアイソレータは、サーキュレータの3端子の内のどれか一つの端子に終端抵抗が接続されたものです。

サーキュレータ/アイソレータを周波数バリエーション、形状寸法、端子構造、仕様値など初段用の小型品から終段用の大電力対応品までの幅広い製品ラインナップとなっております。

ニュース

2017年4月12日
『「医療機器のクラス分類」とTDK製品の対応状況』が公開されました。
2017年3月12日
会員制サービスmyTDKをリリース
2017年3月12日
お問い合わせサービス(「Mail to TDK」)が新システム「myTDK」に移行しました。
2016年4月19日
アプリケーションガイド | 「医療機器」 を追加