FAQ
Q.
絶縁・耐圧試験時の注意事項を教えてください。
  • 電源/電子負荷
  • >
  • DC入力電源(DC-DCコンバータ)
  • /
  • AC入力電源(AC-DCコンバータ)


A. 絶縁・耐圧試験は劣化の原因となる場合があり、実施にあたっては十分配慮が必要です。入力系、出力系、FG(フレームグランド)で、その系内を同電位にして(同一系内でショートする)実施する必要があります。
使用する試験器は、テストON時にゆるやかに立上がり、OFF時に自動的に充電エネルギーを放電するタイプが望ましく、手動でテスト後の放電を行う時は、100kW~1MW程度の抵抗を通して行ってください(低インピーダンスでの放電は劣化の原因となる場合がありますので、避けてください)。
また、いずれの場合におきましても感電防止のための十分な安全対策が必要です。