FAQ
Q.
電源の推奨保管方法を教えてください。
  • 電源/電子負荷
  • >
  • DC入力電源(DC-DCコンバータ)
  • /
  • AC入力電源(AC-DCコンバータ)


A. 1.梱包箱に入った状態で保管してください。
2.製品に直接過度な振動、衝撃、荷重がかからないようにしてください。
3.直射日光があたらないようにしてください。
4.保管温湿度は、以下条件を目安としてください。
   温度範囲:5℃~30℃
   湿度範囲:40%~60%RH
   ※温湿度変化の激しい場所での保管は、製品に結露が生じたり、劣化の原因になりますのでお避けください。
5.保管期限は、納入後2年以内のご使用をお奨め致します。

【オンボード型やパワーモジュール製品のような、基板にはんだ付け実装され、かつ、アルミ電解コンデンサ不使用の製品を保管の場合】
 納入後1年を経過した場合は、リードの錆や酸化、はんだ付け性などをご確認の上、ご使用ください。
 なお、SMDタイプの製品には、MSL(Moisture Sensitivity Level)の規定がある場合がございます。
 取扱説明書、製品カタログに記載の『保管条件』または納入仕様書を必ずご確認ください。

 1年以上の長期保管をした場合、端子ピンが酸化することにより、はんだ付けできなくなるという懸念があります。
 長期保管される場合は、酸化の要因となる酸素や水気の対策として、例えば乾燥剤(シリカゲル)を同梱した脱気梱包を実施いただくなど、端子ピンが酸化
 しないことに重点をおいて保管して頂くことをお奨め致します。

【ユニット型や基板型、一部オンボード型のように、電源内部にアルミ電解コンデンサを使用している製品を保管される場合】
 無通電のまま長期間放置しますとアルミ電解コンデンサの漏れ電流が増加する傾向にあります。
 この現象は、アルミ電解コンデンサに電圧を印加することで電解液の修復作用により増加した漏れ電流が減少し、改善致します。

 目安として1年以上長期保管された製品をご使用される場合は、ご使用前に30分以上の無負荷通電を実施後、ご使用ください。

<通電条件の目安>
 (1)納入後1年以上経過した製品へ実施
 (2)通電条件
    入力電圧:定格
    負荷:0A
    周囲温度:常温
    時間:30分以上