組み込みマイクロコントローラ
テックノート
TDK製品の特徴
ミクロナスの HVC は、コストパフォーマンスが高く、小型DCモータ制御を可能にします。新しい HVC 4422F は、メモリが拡張され、自動車メーカ―の診断機能への要求を満たし、さらに高温環境下での動作が可能です。32-bit CPUコア(ARM® Cortex-M3)、高性能アナログ機能を搭載したHVC は、自動車向け、産業機器向け、コンスーマ機器向けに、システム全体のコストの見直しを提案します。柔軟な周辺回路は、内蔵された3組のハーフ・ブリッジにより、ブラシ付き、ステッパ(二極または三相)、ブラシレスDCモーターを直接ドライブできるので、外付けのドライバが不要です。 また、タイマ/カウンタ、割り込みコントローラ、マルチチャネルA/Dコンバータ、SPI、拡張PWM、自己診断機能だけでなく、5.4V~18Vに直結するための電圧レギュレータや、自動アドレスをサポートするLIN 2.x トランシーバ搭載LIN UARTインターフェースを含んでいます。 さまざまな電源管理サポートにより、システムが必要とする消費電力を実現しています。HVC は、32kB(HVC 4222F/4223F)と 64kB (HVC 4420F/4422F)のフラッシュ・プログラム・メモリを備えており、コード開発、増産管理、イン・システムでのコード更新に柔軟性を提供します。 仮想スターポイントを持つコンバータやアンプなど、さまざまなデジタルあるいはアナログ回路を内蔵しているため、ユーザは部品数を最小限に抑えることができます。高い計算能力が、センサ/センサレス6段階あるいは複数段階転流だけでなく、PMSM向け空間ベクトル変調(SVM)のような複雑なモーター制御アルゴリズムをサポートします。
ニュース