テックライブラリー
プロダクトオーバービュー
[ ]
プロダクトオーバービュー
CUR 4000は、ハイブリッド車や電動車 (xEV) の高電圧バッテリ監視向けのガルバニック絶縁対応直流/交流電流測定を、非接触で行います。
本記事ではTDKが提供する CUR 4000電流センサの特長や利点、アプリケーション例等についてお伝えします。

製品の説明

CUR 4000は、ハイブリッド車や電動車 (xEV) の高電圧バッテリ監視システムなどの自動車/産業機器向けに開発されています。マルチ・ホールアレイを内蔵し、線形あるいは差動磁界センシングを非接触で高精度に、最大2000Aの電流範囲で測定します。CUR 4000は、線形コア・ベースあるいは差動コアレスで使用可能です。線形コア・ベースでは、6つのホールアレイを使用し、磁場コンセントレータと組み合わせることにより高感度で電流を測定します。差動モードでは、コアレスでシールドを用いることなく外乱磁場に強いシステム設計が可能です。

図1 : CUR 4000 アプリケーションセット・アップ

CUR 4000はマイクロコントローラとの直接接続とセンサ・プログラミングができるSPIインターフェースを備えています。
センサは、ISO 26262のSEooC (Safety Element out of Context) に準拠して開発されていてASIL-B ready に対応しています。
磁気回路の持つゲイン、 オフセットなどは、不揮発性メモリへプログラミングをすることで調整可能です。デバイスはAEC-Q100-Rev-Hにより評価され、車載向けに周囲温度 -40 ℃~150 ℃で動作するように設計されています。

図2 : CUR 4000 ブロック図

主な用途

  • バッテリ監視
  • バッテリ遮断ユニット
  • 蓄電池管理

主要な特長と利点

  • 非侵入型、ガルバニック絶縁対応の非接触電流測定
  • マルチ・ホールアレイ技術を用いた高精度コアベース電流測定
  • シールドを必要としない外乱磁場に強い差動コアレス電流測定
  • 最大8 kHzの信号バンド幅
  • システム全体でのエラー <1%
  • マイクロコントローラとの直接接続によるキャリブレーション、テスト、デバッグのためのSPI インタフェース
  • 周囲温度 – 40℃~150℃で動作
  • 電源電圧3.0 V ~ 5.5 Vで動作
  • AEC-Q100-Rev-H 認定済

主な仕様

型番 CUR 4000
パッケージ SOIC8
デジタル出力フォーマット SPI
角度エラー <1%
磁界振動範囲 ±100 mT
安全性 ISO 26262 に準拠したASIB-B ready に基づく開発