TDK製品の特徴

TDKのモーション/イナーシャルセンサファミリは加速度センサ、ジャイロセンサ、これらを複合化したIMU (イナーシャル・メジャーメント・ユニット)により構成されています。先進のMEMS技術*を集約したTDKのMEMSセンサプラットフォームは、IoT/IoE時代に向けた高付加価値の複合化センサやセンサソリューションの創出に期待されています。

IMU (イナーシャル・メジャーメント・ユニット)は3軸加速度センサと3軸ジャイロスコープからなる6軸IMUを基本とし、更に気圧センサを組み合わせた7軸IMU、3軸コンパスを組み合わせた9軸IMUなどの6軸IMUから9軸IMUを提供致します。

加速度センサは物体の加速度を測定するセンサです。XYZ軸の検出軸数によって、1軸、2軸、3軸の加速度センサを提供致します。

ジャイロセンサは角速度を計測するセンサです。ピッチ角、ロール角、ヨー角の検出軸数に応じて、1軸、2軸、3軸のジャイロセンサを提供致します。

*MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)技術 :半導体集積回路の製造に使用される3次元微細加工技術を利用し、シリコンウエハ上に、センサや回路、可動部などを多数同時に一括製造するマイクロマシニング技術

ニュース

2020年1月7日
MEMSセンサ: 産業用途向けフォールトトレラント・モーションセンシング製品シリーズの販売開始
2019年11月7日
アプリケーションノート「自動運転技術実現に向けた『車車間・路車間通信 (V2X)』について」が公開されました。
2019年10月30日
ジャイロスコープ:新たに製品ポータルがリリースされました。
2019年10月30日
加速度センサ:新たに製品ポータルがリリースされました。
2019年10月30日
IMU (イナーシャル・メジャーメント・ユニット):新たに製品ポータルがリリースされました。
この製品に関するお問い合わせはこちら