TDK製品の特徴

µPOL™製品ファミリは、新しいタイプのDC-DCコンバータです。これは、最新のマイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、ASIC、FPGA、DSP、および高度なデジタルロジックデバイスへの電力供給用に設計されています。
小さなフットプリントでのハイパフォーマンス、高速な負荷応答性および電圧精度に対する需要の増加が、この新しいイノベーションの原動力となっています。
μPOL™テクノロジは、パワーセミコンダクタおよびインダクタを含む非常にコンパクトな統合ソリューションです。このデバイスは、I2C通信により幅広いアプリケーションに合わせて構成可能です。
これは広い入力範囲の非絶縁型ステップダウンコンバータ(バックコンバータ)です。出力電圧は、シリアル通信(I2C)を使用して外付け部品なしで0.6Vから5Vに設定できます。コンバータの安定性は内部的に保証されるため、外部補償は必要ありません。
このデバイスを使いやすくするために多くの設計努力がなされてきました。システム設計者は、入力および出力コンデンサを追加するだけで完全なDC-DCコンバータを実現できます。

ニュース

2020年7月21日
電子負荷:新たに製品ポータルがリリースされました。
2020年5月27日
自動車アプリケーションガイドのパワートレインが更新されました。
2020年5月27日
自動車アプリケーションガイドのxEVが更新されました。
2020年5月27日
自動車アプリケーションガイドのコンフォートが更新されました。
2020年4月24日
µPOL™組み込みDC-DCコンバータ:新たに製品ポータルがリリースされました。
この製品に関するお問い合わせはこちら