FAQ
Q.
FIT値とMTTF/MTBF (7): TDKのMLCC(積層セラミックチップコンデンサ)は、FITをどのように計算していますか。
  • コンデンサ(キャパシタ)
  • >
  • 積層セラミックチップコンデンサ


A. TDKは、工業規格JIS5003に基づき、高温負荷試験の結果よりFITを算出します。
この式によると、故障率が低下すると平均故障時間は増えることになります。前の例では、MTBFは4140.9年に相当します。


•r = 試験期間中の総故障数
•Σ t = 総試験時間×試験サンプル数
•k = 信頼度レベル係数
(r = 0の場合は、信頼度60%でk = 0.917のみを使います。r = 0以外の場合は、r x k を使います。 例:故障数が2個の場合は、2X1.55)

故障数 k
信頼度60% 信頼度90%
0 0.917 2.30
1 2.02 3.89
2 1.55 2.66
3 1.39 2.23
4 1.31 2.00
5 1.26 1.85
表1: rに対応するkの値

動作条件での故障率(λ0)の計算には、以下の式を使います。


例:CGA2BX7R1H104Kを例にとって、故障率の計算をしてみます。この製品の高温負荷試験は、125°C、定 格電圧の1.5倍、試験サンプル数77個で1000時間行っており、故障数はゼロです。お客様が、動作温度が85°Cで動作電圧が25V(定格電圧の半分) で使用すると仮定し、信頼度を60%として計算してみます。


1FITは1 x 10-9

MTBFはFITの逆数です。


>>積層セラミックチップコンデンサ製品サイト

その他製品に関することは弊社担当営業または代理店もしくは本Webサイトよりお問い合わせください。