技術支援ツール

TDK製品の特徴

アルミ電解コンデンサの静電容量は、主として陽極アルミ箔の表面積で決まります。TDKでは、この陽極アルミ箔に特殊なエッチング処理を施すことで表面積を最大化し、あらゆるコンデンサの中で最高の単位体積当たりの静電容量を実現するとともに、優れた単位静電容量あたりのコストパフォーマンスを達成しています。アルミ電解コンデンサは、周波数変換装置、風力発電用コンバータ、太陽光発電インバータ、特殊電源やUPS(無停電電源装置)、医療機器、プロ用ストロボユニットに加え、幅広い車載用途に利用されます。TDKのアルミ電解コンデンサは、リプル電流耐性と長期信頼性に優れています。TDKは、設計の柔軟性とエンジニアリングの専門知識で用途に応じたソリューションを提供します。
ハイブリッドポリマーアルミ電解コンデンサには、特別な技術が用いられています。TDKはこのコンデンサにアキシャルリード型とソルダリングスター型を提供しています。この2つのタイプは、等価直列抵抗(ESR)が非常に低いのが特徴です。たとえば、車載向け電子機器のアプリケーションにこのコンデンサを使えば、並列接続するコンデンサの数を減らすことができるので、スペースの節約につながり、さらには一層の信頼性を得られます。

ニュース

2020年6月3日
ハイブリッドポリマーコンデンサ:新たに製品ポータルがリリースされました。
2020年6月2日
アルミ電解コンデンサ: アキシャル形ハイブリッド・ポリマー・アルミ電解コンデンサの品揃えを拡張
2020年5月27日
自動車アプリケーションガイドのパワートレインが更新されました。
2020年5月27日
自動車アプリケーションガイドのxEVが更新されました。
2020年5月27日
自動車アプリケーションガイドのコンフォートが更新されました。
この製品に関するお問い合わせはこちら