TDK製品の特徴

TDKは角度検知のソリューションとして、TMR角度センサとホール効果センサを製品化しております。

TMR角度センサは、HDDヘッドで優れた実績のあるTMR(トンネル磁気抵抗:Tunnel Magneto Resistance)技術を応用した、高出力、高精度、高安定性のセンサを小型のパッケージで実現致しました。
また、特定のホール効果センサ、いわゆるダイレクト角度センサは、チップ平面内の磁界成分の測定を可能にするための付加的な垂直ホールプレートを特徴とする3D-HALテクノロジを使用しています。このセンサは、角度や位置情報に比例して出力信号を出力します。

ニュース

2019年10月9日
磁気センサ: 外乱磁界補正とSPIインターフェースを備えた3Dホール・ポジション・センサ、HAL® 3900
2019年6月20日
ダイレクト角度センサ HAL39xyのプロダクトオーバービューが公開されました。
2019年3月11日
ダイレクト角度センサ:新たに製品ポータルをリリースしました。
2018年11月29日
「欧州連合(EU)RoHS指令対応 / 改正中国版RoHSに関する製品情報」が更新されました。
2018年6月21日
人とくるまのテクノロジー展 名古屋(2018年7月11日~2018年7月13日)に出展しました【展示パネル公開中】