超音波センサ
テックノート
TDK製品の特徴
TDKは超音波ToF(Time-of-Flight)センサと超音波センサディスクを提供しています。 TDKの超音波ToFセンサは、小さな超音波トランスデューサチップを使用して超音波パルスを発信し、センサの視野角にある対象物から返ってきた反射波を受信します。 こうしたToFセンサは、各種家電機器、AR/VR、ロボット、ドローン、IoT、自動車および産業市場向けに活用されます。 超音波センサディスクは、圧電効果を利用して不可聴音波を放出または検出できるセラミックディスクです。 障害物検知、距離測定、流量計測、レベル検知などの用途で、気体や液体で使われる様々なアプリケーションに利用できます。 超音波センサディスクのポートフォリオは、放射振動モードや厚み振動モードに加えて、ラップアラウンド金属化のオプションなど、幅広い範囲を取り揃えています。
ニュース