積層セラミックチップコンデンサ

製品トップページ

テックノート

- セレクションガイド

- 製品&テクノロジー

- ソリューションガイド

- 製品検証サービス

TDK製品の特徴

積層セラミックチップコンデンサの小型化、大容量化を実現するため、先進の材料技術により粒子サイズの超微細化を追求。独自のプロセス技術を駆使して、誘電体層と電極層のズレがない高度な積層技術、1000層にもおよぶ多層化技術を確立しました。1層の層間厚みはサブミクロンレベル。薄層化と多層化を追求することにより、極小チップサイズでもタンタルコンデンサに迫る大容量化と、きわめて高い信頼性を両立しています。

ニュース

2020年1月28日
回路シミュレータ用電子部品モデル(Sパラメータ、等価回路モデル、SPICEモデル)を更新
2020年1月28日
積層セラミックコンデンサ: 業界初、車載向け縦横反転型0510サイズで1μFを実現
2020年1月27日
「DC-DCコンバータ設計支援ツール」が公開されました。
2019年12月2日
ソリューションガイド「自動車向け高信頼性製品の樹脂電極タイプのコンデンサ及びインダクタ、チップビーズ」が公開されました。
2019年11月2日
回路シミュレータ用電子部品モデル(Sパラメータ、等価回路モデル、SPICEモデル)を更新
この製品に関するお問い合わせはこちら