テックライブラリー
アプリケーション & 使用例
2020年12月
[アプリケーションノート]
クラウドコンピューティングやスマートフォンの普及、さらに2020年の5Gのスタートにともない、インターネット上を移動するデータは従来の文書や画像、音声に加えて、動画、ゲームなどの大容量コンテンツが増大しています。
そして、AIなどに代表されるテクノロジーの進化や、ビッグデータおよびIoTなどのデータ活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)が到来しています。しかしこれらの進化を支えていくためには、大量のデータを処理できる高性能サーバが数多く必要となります。プロセッサーや各種IC高性能化に伴い、サーバ基板上の電源ICの高クロック化、大電流省電力化、小型化、データラインに於けるノイズ対策、サージ対策が喫緊の課題になっています。これらの課題に対応・解決するためVR13およびVR14アプリケーションでの高効率要求に対応したフェライトパワーインダクタ VLBUシリーズ、µPOL™組み込みDC-DCコンバータ FSシリーズ、パルストランス ALTシリーズ+コモンモードフィルタ/チョーク ACMシリーズでのソリューション、サージ保護デバイス チップバリスタ/セラミック過渡電圧サプレッサなどのTDK製品について紹介致します。
クラウドコンピューティングやスマートフォンの普及、さらに2020年の5Gのスタートにともない、インターネット上を移動するデータは従来の文書や画像、音声に加えて、動画、ゲームなどの大容量コンテンツが増大しています。
そして、AIなどに代表されるテクノロジーの進化や、ビッグデータおよびIoTなどのデータ活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)が到来しています。しかしこれらの進化を支えていくためには、大量のデータを処理できる高性能サーバが数多く必要となります。プロセッサーや各種IC高性能化に伴い、サーバ基板上の電源ICの高クロック化、大電流省電力化、小型化、データラインに於けるノイズ対策、サージ対策が喫緊の課題になっています。これらの課題に対応・解決するためVR13およびVR14アプリケーションでの高効率要求に対応したフェライトパワーインダクタ VLBUシリーズ、µPOL™組み込みDC-DCコンバータ FSシリーズ、パルストランス ALTシリーズ+コモンモードフィルタ/チョーク ACMシリーズでのソリューション、サージ保護デバイス チップバリスタ/セラミック過渡電圧サプレッサなどのTDK製品について紹介致します。
アプリケーション & 使用例
2020年03月
[アプリケーションノート]
自動運転の実用化・普及に向けて様々なセンシング機能、コミュニケーション機能が進化を続けています。超音波パーキングアシストは、自動運転、自動駐車機能のために、重要なセンサーとなります。欧州においては、自動運転の議論が活発になる前から、超音波パーキングセンサは長い間使われてきました。TDKでは、この超音波パーキングセンサ向けに、超音波センサディスクを長年供給しています。更に、超音波センサディスクとの共振回路に適した高温環境下で容量が減衰する(ZL特性)積層セラミックチップコンデンサ(MLCC)を新規開発致しました。本記事ではPiezo Disc, ZL特性 MLCCの2部品をピックアップして紹介します。
自動運転の実用化・普及に向けて様々なセンシング機能、コミュニケーション機能が進化を続けています。超音波パーキングアシストは、自動運転、自動駐車機能のために、重要なセンサーとなります。欧州においては、自動運転の議論が活発になる前から、超音波パーキングセンサは長い間使われてきました。TDKでは、この超音波パーキングセンサ向けに、超音波センサディスクを長年供給しています。更に、超音波センサディスクとの共振回路に適した高温環境下で容量が減衰する(ZL特性)積層セラミックチップコンデンサ(MLCC)を新規開発致しました。本記事ではPiezo Disc, ZL特性 MLCCの2部品をピックアップして紹介します。
アプリケーション & 使用例
2019年11月
[アプリケーションノート]
⾃動⾞の電動化が進むにつれてモータージェネレータの需要が増えていきます。モーターとインバータとの⼀体化の流れもあり、⼩型、⾼耐熱、耐振動要求も⾼くなっており、部品の⾼信頼性化が望まれています。また、インバータ回路のスイッチング素子には配線のインダクタンスによって⼤きなサージ電圧が発⽣する場合があり、配線やスナバーコンデンサによる対策が不可⽋です。同様にノイズの対策が重要になってきます。
⾃動⾞の電動化が進むにつれてモータージェネレータの需要が増えていきます。モーターとインバータとの⼀体化の流れもあり、⼩型、⾼耐熱、耐振動要求も⾼くなっており、部品の⾼信頼性化が望まれています。また、インバータ回路のスイッチング素子には配線のインダクタンスによって⼤きなサージ電圧が発⽣する場合があり、配線やスナバーコンデンサによる対策が不可⽋です。同様にノイズの対策が重要になってきます。
アプリケーション & 使用例
2019年11月
[アプリケーションノート]
自動運転やカーシェアリングサービスなど利用方法が大きく変わる今後のクルマは、ドライバとクルマの接点となるヒューマン・マシン・インタフェース(HMI)も一変するとされています。 安全・安心を提供しながら運転から解放された時間を有意義で快適に活用するためのHMIを求めて、自動車業界が開発を進めているのがデジタルコックピットです。 ドライバの感覚を介し、安全・安心の確保と充実したHMIの実現に向け、以下、デジタルコックピットの価値向上に貢献するTDK製品・技術を紹介します。
自動運転やカーシェアリングサービスなど利用方法が大きく変わる今後のクルマは、ドライバとクルマの接点となるヒューマン・マシン・インタフェース(HMI)も一変するとされています。 安全・安心を提供しながら運転から解放された時間を有意義で快適に活用するためのHMIを求めて、自動車業界が開発を進めているのがデジタルコックピットです。 ドライバの感覚を介し、安全・安心の確保と充実したHMIの実現に向け、以下、デジタルコックピットの価値向上に貢献するTDK製品・技術を紹介します。
アプリケーション & 使用例
2019年11月
[アプリケーションノート]
自動運転の実用化・普及に向けて様々なセンシング機能、コミュニケーション機能が進化を続けています。次世代無線通信規格である5Gサービスの本格普及に伴い、「車車間・路車間通信(V2X)」といった自動車とその周囲とのデータ通信を目的としたワイヤレス技術が注目されています。TDKグループではV2Xに向けて各種電子部品をラインナップしていますが本記事ではテレマティクス・コントロールユニット (TCU) 向けにIMU (イナーシャル・メジャーメント・ユニット)及び高周波製品をピックアップして紹介します。
自動運転の実用化・普及に向けて様々なセンシング機能、コミュニケーション機能が進化を続けています。次世代無線通信規格である5Gサービスの本格普及に伴い、「車車間・路車間通信(V2X)」といった自動車とその周囲とのデータ通信を目的としたワイヤレス技術が注目されています。TDKグループではV2Xに向けて各種電子部品をラインナップしていますが本記事ではテレマティクス・コントロールユニット (TCU) 向けにIMU (イナーシャル・メジャーメント・ユニット)及び高周波製品をピックアップして紹介します。
アプリケーション & 使用例
2019年07月
[アプリケーションノート]
安全支援走行や環境負荷の低減、快適性の向上により自動車は車載インタフェースの高速化の要求が高まっています。双方向の通信に対しては車載Ethernetが、一方向の通信に対してはLVDSが導入されるようになりました。LVDS伝送においてはワイヤハーネスの重量を軽減するため、1本の同軸ケーブルで信号伝送と電源供給を実現するPoC(Power over Coax)の適用が進められています。本記事では、PoCフィルタ用インダクタとチップビーズを用いた使用例と効果についてご紹介します。
安全支援走行や環境負荷の低減、快適性の向上により自動車は車載インタフェースの高速化の要求が高まっています。双方向の通信に対しては車載Ethernetが、一方向の通信に対してはLVDSが導入されるようになりました。LVDS伝送においてはワイヤハーネスの重量を軽減するため、1本の同軸ケーブルで信号伝送と電源供給を実現するPoC(Power over Coax)の適用が進められています。本記事では、PoCフィルタ用インダクタとチップビーズを用いた使用例と効果についてご紹介します。